庄野 英二(読み)ショウノ エイジ

20世紀日本人名事典の解説

庄野 英二
ショウノ エイジ

昭和・平成期の児童文学作家,小説家 帝塚山学院大学名誉学長。



生年
大正4(1915)年11月20日

没年
平成5(1993)年11月26日

出生地
山口県萩町(現・萩市)

出身地
大阪府大阪市帝塚山

学歴〔年〕
関西学院大学文学部哲学科〔昭和11年〕卒

主な受賞名〔年〕
日本エッセイストクラブ賞(第9回)〔昭和36年〕「ロッテルダムの灯」,大阪府芸術賞〔昭和36年〕,野間児童文芸賞(第2回)〔昭和39年〕「星の牧場」,日本児童文学者協会賞(第4回)〔昭和39年〕「星の牧場」,サンケイ児童出版文化賞(第11回)〔昭和39年〕「星の牧場」,NHK児童文学賞(奨励賞 第4回)〔昭和41年〕「雲の中のにじ」,赤い鳥文学賞(第7回)〔昭和52年〕「アルファベット群島」,巌谷小波文芸賞(第13回)〔平成2年〕

経歴
在学中、坪田譲治の「お化けの世界」に感動し、坪田家を訪れ、文学の目を開かれる。昭和12年陸軍に入隊し、中国・南方を転戦、21年大尉で復員。23年帝塚山学院に勤務。中等部、高等部、短大を経て、帝塚山学院大学教授となり、57年〜平成元年学長。一方、昭和22年から本格的な創作活動に入り、30年第一童話集「子供のデッキ」を刊行。以後、童話、小説、随筆、紀行と精力的に書きすすめる。代表作に童話「星の牧場」や「雲の中のにじ」「うみがめ丸漂流記」「アルファベット群島」、小説「ユングフラウの月」、随筆「ロッテルダムの灯」、自伝「鶏冠詩人伝」など。「庄野英二全集」(全11巻 偕成社)がある。“びわの実学校”同人。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

庄野 英二 (しょうの えいじ)

生年月日:1915年11月20日
昭和時代;平成時代の児童文学作家;小説家。帝塚山学院大学学長
1993年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android