コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユングフラウ ユングフラウJungfrau

翻訳|Jungfrau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユングフラウ
Jungfrau

スイス南部,ベルン州バレー州の境界にある,アルプス山脈ベルナーオーバーラント中の高峰。標高 4158m。 1811年スイス人のマイヤー兄弟がバレー側から登頂に成功。 65年にはイギリス人 G.ヤングと H.ジョージがインターラーケン側から,1927年には2人のガイドが南側からそれぞれ頂上をきわめた。 1912年にヨーロッパで最も高所を走るユングフラウ鉄道がクライネシャイデックからアイガー (3970m) やメンヒ (4099m) の峰々の下をトンネルで抜けてユングフラウヨッホ (3454m) まで開通。ここに高山研究所,気候観測所があり,山頂は氷河でおおわれる。山名は「若い女性」の意。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ユングフラウ(Jungfrau)

《若い女性の意》スイス中部、アルプス山脈の高峰の一。アイガー南西にあり、標高4158メートル。1811年スイスのマイヤー父子が初登頂、以来登山者が多い。登山鉄道が山頂北麓のユングフラウヨッホまで通じる。2001年に「ユングフラウ、アレッチ、ビーチホルン」として世界遺産(自然遺産)に登録された。→アレッチホルンビーチホルン

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ユングフラウ【Jungfrau】

〔処女峰の意〕 スイス中南部、アルプス山脈の高峰。海抜4158メートル。美しい山容で知られる。海抜3454メートル 地点まで登山鉄道が通じる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ユングフラウの関連キーワードスイス・アルプスのユングフラウとアレッチ氷河スイスメンヒスヨッホヒュッテトリュンメルバッハの滝ユングフラウマラソンアイガーグレッチャーアルメントフーベルラウターブルンネンユングフラウ[山]アレッチホルン山グリンデルワルトユングフラウ山メンリッヒェンアイガー[山]アルピグレンアイガー氷河メンリッヘンアレッチ氷河シルトホルンメンヒ[山]

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ユングフラウの関連情報