座骨神経(読み)ザコツシンケイ

百科事典マイペディアの解説

座骨神経【ざこつしんけい】

下肢を支配する末梢神経人体中最も太く(鉛筆の軸ほど),最も長い神経である。骨盤内の座骨神経叢(そう)から起こり,骨盤後壁を貫き,大臀(だいでん)筋と大腿(だいたい)二頭筋の長頭におおわれて大腿の後側を下り,膝(ひざ)のやや上の所で総腓骨(ひこつ)神経と脛骨(けいこつ)神経に分かれる。この二つの神経は,さらに分枝をして下腿や足背,足底に至る。座骨神経の働きは混合性で,運動枝は大腿の屈筋群と下腿および足のすべての筋を支配しており,また知覚枝は下腿および足の皮膚に分布している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ざこつしんけい【座骨神経】

腰髄と仙髄から発して臀部でんぶおよび大腿だいたい後側を下行し膝窩しつか付近に至る、人体で最も太く長い神経。下肢の運動・知覚をつかさどる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

座骨神経の関連情報