コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座骨神経 ザコツシンケイ

デジタル大辞泉の解説

ざこつ‐しんけい【座骨神経】

腰髄と仙髄から出て骨盤の後壁を下り臀部(でんぶ)から下肢に分布する、からだの中で最も長く太い神経。下肢の屈曲をつかさどる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

座骨神経【ざこつしんけい】

下肢を支配する末梢神経人体中最も太く(鉛筆の軸ほど),最も長い神経である。骨盤内の座骨神経叢(そう)から起こり,骨盤後壁を貫き,大臀(だいでん)筋と大腿(だいたい)二頭筋長頭におおわれて大腿の後側を下り,膝(ひざ)のやや上の所で総腓骨(ひこつ)神経と脛骨(けいこつ)神経に分かれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ざこつしんけい【座骨神経】

腰髄と仙髄から発して臀部でんぶおよび大腿だいたい後側を下行し膝窩しつか付近に至る、人体で最も太く長い神経。下肢の運動・知覚をつかさどる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

座骨神経の関連キーワード腰椎椎間板ヘルニア椎間板ヘルニア白井 義男座骨神経痛脊椎辷り症神経繊維脛骨神経神経痛でんぶ臀部知覚膝窩

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

座骨神経の関連情報