コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庵原朝儀 いおはら ともよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

庵原朝儀 いおはら-ともよし

1834-1871 幕末の武士。
天保(てんぽう)5年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩士庵原朝昌(ともまさ)の長男。家老庵原朝成(ともなり)の養子。嘉永(かえい)4年第二家老となり,藩主井伊直弼(なおすけ)を補佐,湖東(ことう)焼の御用掛もつとめる。直弼の横死後,藩政をにぎった尊攘(そんじょう)派により第一家老木俣(きまた)清左衛門とともに罷免された。のち侍大将(さむらいだいしょう)。明治4年死去。38歳。通称は助右衛門

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

庵原朝儀の関連キーワード廃藩置県日本科学史(年表)ランケ愛宕通旭新教育マーシャル高田藩北海道開拓郵便切手画論

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone