庸山景庸(読み)ようざん けいよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

庸山景庸 ようざん-けいよう

1559-1626 織豊-江戸時代前期の僧。
永禄(えいろく)2年生まれ。臨済(りんざい)。京都妙心寺の以安智察にまなび,のち智察の弟子東漸(とうぜん)宗震の法をつぎ,妙心寺の聖沢(しょうたく)院を復興。慶長4年妙心寺の住持となる。医学にも通じ,子供の病気をなおすのを得意とした。寛永3年7月17日死去。68歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。俗姓遠藤(または土岐)。法名ははじめ景中。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android