コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庸山景庸 ようざん けいよう

1件 の用語解説(庸山景庸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

庸山景庸 ようざん-けいよう

1559-1626 織豊-江戸時代前期の僧。
永禄(えいろく)2年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都妙心寺以安智察にまなび,のち智察の弟子東漸(とうぜん)宗震の法をつぎ,妙心寺の聖沢(しょうたく)院を復興。慶長4年妙心寺の住持となる。医学にも通じ,子供の病気をなおすのを得意とした。寛永3年7月17日死去。68歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。俗姓は遠藤(または土岐)。法名ははじめ景中。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

庸山景庸の関連キーワード弩爾哈斉弩爾哈斉・奴児哈赤アンリアミヨ斎藤徳元ヌルハチ今大路道三ニコラオ焼酎のルーツ成年後見監督人

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone