コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廃坑 ハイコウ

デジタル大辞泉の解説

はい‐こう〔‐カウ〕【廃坑】

[名](スル)
鉱山や炭鉱の坑道を廃棄すること。また、その坑道。
廃鉱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はいこう【廃坑】

( 名 ) スル
鉱山や炭坑で坑道を廃棄すること。また、廃棄された坑道。鉱山・炭坑などの採掘をやめることや採掘をやめた鉱山・炭坑にもいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

廃坑
はいこう

かつて鉱石を掘っていたが、現在では採掘が完了し役にたたなくなった坑内。内部に有毒・有害ガスが存在したり、支保材が腐食し崩落していることも多く、坑口を完全密閉し、入れないようにすることが必要である。[磯部俊郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

廃坑の関連キーワードクトナーケバネメクラチビゴミムシセメンティング[坑井]コキクガシラコウモリジェットコースターキクガシラコウモリモモジロコウモリ坂本地区の大陥没コテングコウモリ大森(島根県)テングコウモリカルタニセッタチスイコウモリ八森[町]湯之元温泉バイオ加工井上光晴尾平鉱山洞窟動物三池争議

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

廃坑の関連情報