廃坑(読み)はいこう

日本大百科全書(ニッポニカ)「廃坑」の解説

廃坑
はいこう

かつて鉱石を掘っていたが、現在では採掘が完了し役にたたなくなった坑内。内部に有毒・有害ガスが存在したり、支保材が腐食し崩落していることも多く、坑口を完全密閉し、入れないようにすることが必要である。

[磯部俊郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「廃坑」の解説

はい‐こう〔‐カウ〕【廃坑】

[名](スル)
鉱山や炭鉱の坑道を廃棄すること。また、その坑道。
廃鉱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「廃坑」の解説

はい‐こう ‥カウ【廃坑】

〘名〙 鉱山や炭坑などの坑道を廃棄すること。鉱山や炭坑などの採掘をやめること。また、その廃棄された鉱山や炭坑。
※坑夫(1908)〈夏目漱石〉「廃坑(ハイカウ)へでも連れ込まれたに違ひない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android