廃坑(読み)はいこう

日本大百科全書(ニッポニカ)「廃坑」の解説

廃坑
はいこう

かつて鉱石を掘っていたが、現在では採掘が完了し役にたたなくなった内。内部に有毒・有害ガスが存在したり、支保材が腐食し崩落していることも多く、坑口を完全密閉し、入れないようにすることが必要である。

[磯部俊郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「廃坑」の解説

はい‐こう ‥カウ【廃坑】

〘名〙 鉱山や炭坑などの坑道を廃棄すること。鉱山や炭坑などの採掘をやめること。また、その廃棄された鉱山や炭坑。
※坑夫(1908)〈夏目漱石〉「廃坑(ハイカウ)へでも連れ込まれたに違ひない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「廃坑」の解説

はい‐こう〔‐カウ〕【廃坑】

[名](スル)
鉱山や炭鉱の坑道を廃棄すること。また、その坑道。
廃鉱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android