コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廃油ボール はいゆボールwaste-oil lumps

3件 の用語解説(廃油ボールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

廃油ボール
はいゆボール
waste-oil lumps

海上に捨てられた廃油からできたボール状の汚染塊。タンカーバラスト水,船舶の油性汚水 (ビルジ) その他,海上に投棄された廃油が,海上を漂流するうち,揮発性成分を失ってアスファルト性成分だけとなり,これが海面に浮遊するごみなどの固形物を中心に固まってボール状となったもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

はいゆボール【廃油ボール】

船舶の機関から生じた廃油やタンカーのバラスト水などが油の塊となったもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の廃油ボールの言及

【油汚染】より

…一方,これを防止するためのタンカーの安全対策は,単に運航の技術的な面だけでなく,港湾の立地条件から港湾建設のあり方や巨大船の建造のあり方などにいたるまで総合的な見直しが必要となっている。このほか油汚染の現象として,タンカーから排出されたバラスト水やタンク洗浄水に含まれる油分が,海上において長時間移送される間に凝固して形成される廃油ボールがある。これは日本では本州南岸や日本海沿岸に年間数十件の漂着がみられるが,排出場所が広域に及ぶため,予防のための効果的な直接の対策がとりにくく,バラスト水やタンク洗浄水の排出に関する国際間の規制制度の強化が望まれる。…

※「廃油ボール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

廃油ボールの関連情報