粟粒(読み)ゾクリュウ

  • ×粟粒
  • あわつび あは‥
  • あわつぶ あは‥
  • あわつぶ〔あは〕
  • ぞくりゅう ‥リフ
  • ぞくりゅう〔リフ〕

デジタル大辞泉の解説

粟(あわ)の。あわつぶ。また、非常に小さい物のたとえ。「粟粒大」
アワの粒。きわめて小さいもののたとえに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

※法華義疏長保四年点(1002)一「数たの苙(アハツヒ)地に堕ちき」
〘名〙 粟の実。粟の粒。非常に小さい物のたとえに用いることが多い。あわつび。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)一「大なくらの内に粟(アワ)つふ一粒程も有まいぞ」
※伊豆の踊子(1926)〈川端康成〉一「私は肌に粟粒を拵へ、かちかちと歯を鳴らして身顫ひした」
〘名〙
① 粟(あわ)の穀粒。あわつぶ。
※京大本湯山聯句鈔(1504)「粟粒堯天大、碑文湛輩湮。一粒粟中蔵世界と云句あり」
※黄表紙・金々先生栄花夢(1775)序「一生の栄花も、邯鄲のまくらの夢も、ともに粟粒(ゾクリウ)一すひの如し」
② あわつぶのように小さいもの。
※一夜(1905)〈夏目漱石〉「粟粒芥顆のうちに蒼天もある、大地もある」
③ 寒さや恐怖で、膚に生じる、①のようなもの。
※妾の半生涯(1904)〈福田英子〉二「寒からざるに、肌に粟粒(ゾクリフ)を覚ゆる事数々(しばしば)なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android