コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延敒 えんちん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

延敒 えんちん

えんじょう

延敒 えんじょう

861-929* 平安時代前期-中期の僧。
貞観(じょうがん)3年生まれ。聖宝(しようぼう)に三論と真言密教をまなび,宇多法皇から灌頂(かんじょう)をうける。延喜(えんぎ)11年維摩会(ゆいまえ)講師(こうじ)。延長2年東大寺別当,翌年東寺長者,醍醐寺(だいごじ)座主(ざす)。聖宝の没後,東大寺東南院主もついだ。延長6年12月13日死去。68歳。享年は73歳など諸説ある。京都出身。俗姓は長統(ながむね)。法名は「えんちん」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

延敒の関連キーワード定助(1)法蔵(2)観理法縁