コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建国神廟 けんこくしんびょう

世界大百科事典 第2版の解説

けんこくしんびょう【建国神廟】

満州国建国の元神として天照大神をまつるために創建された神社。1940年,満州国皇帝溥儀(ふぎ)は,日本の紀元2600年慶祝のために来日し,伊勢神宮に参拝して,5月15日に〈日満一神一崇〉を表明し,満州国建国以来の事業はすべて天照大神の加護と,天皇の援助によらないものはないという建国神廟創建の詔書(〈国本奠定詔書〉)を発した。皇帝の帰国後,神廟創建はただちに実行に移され,新京(現在の長春)の帝宮内東隅の高地を神域と定めて,7月15日に鎮座祭が行われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

建国神廟の関連キーワード国家神道

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android