コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建国神廟 けんこくしんびょう

1件 の用語解説(建国神廟の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けんこくしんびょう【建国神廟】

満州国建国の元神として天照大神をまつるために創建された神社。1940年,満州国皇帝溥儀(ふぎ)は,日本の紀元2600年慶祝のために来日し,伊勢神宮に参拝して,5月15日に〈日満一神一崇〉を表明し,満州国建国以来の事業はすべて天照大神の加護と,天皇の援助によらないものはないという建国神廟創建の詔書(〈国本奠定詔書〉)を発した。皇帝の帰国後,神廟創建はただちに実行に移され,新京(現在の長春)の帝宮内東隅の高地を神域と定めて,7月15日に鎮座祭が行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

建国神廟の関連キーワード熱田神宮石上神宮神号祖神国懸神宮皇大神天祖日前神宮天照大神大神宮

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone