コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建碑慶讃法要[御礼・御祝] けんぴきょうさんほうよう

1件 の用語解説(建碑慶讃法要[御礼・御祝]の意味・用語解説を検索)

献辞辞典の解説

建碑慶讃法要[御礼・御祝]

仏教の浄土真宗(本願寺派・大谷派など)における開眼法要に 当たるもので建碑法要(けんぴほうよう)ともいい、浄土真宗において墓碑(お墓)や記念碑・顕彰碑などを新しく建立したり、傷んだものを修復して戻す際 に、僧侶を招いて法要の読経を頂いて行う建碑式の事で、読経をあげて頂いた寺院や僧侶に対して贈る謝礼の表書きの献辞(上書き)に用いられます。墓碑建立の場合は、建碑慶讃法要と同時に納骨法要も行われるのが一般的です。 祝賀金は「御建碑御祝」、内祝は「建碑内祝」とします。浄土真宗(本願寺派・大谷派など)では、教義の違いにより開眼法要という言い方は用いられません。「建碑慶讃法要」とは、墓碑(お墓)や記念碑・顕彰碑などの単なる石の造作物に建碑の儀式を施すことによって、霊験ある碑としての礼拝対象物にすることを言います。※浄土真宗(本願寺派・大谷派など)以外の宗派では、教義の違いにより建碑法要を用いず「開眼法要」とします。

出典|(株)ササガワ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

建碑慶讃法要[御礼・御祝]の関連キーワード御文西本願寺大谷派勧学十派本願寺派吉崎御坊お西お東大谷光紹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone