建策(読み)けんさく

精選版 日本国語大辞典「建策」の解説

けん‐さく【建策】

〘名〙
① はかりごとをたてること。〔班固西都賦〕
※地方官会議日誌‐一八・明治八年(1875)七月一二日「一二人の管庁所見を以て開くの意を、原按に附書しおきたし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「建策」の解説

けん‐さく【建策】

[名](スル)
計画を立てること。
献策」に同じ。
「あるいは堂上の公卿に―しあるいは長州人士を説き」〈藤村夜明け前

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「建策」の解説

【建策】けんさく

を定める。・班固〔西都の賦〕奉春(婁敬)策をて、留侯(張良)演す。天人合應し、以てを發す。

字通「建」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android