西都(読み)せいと

精選版 日本国語大辞典「西都」の解説

せい‐と【西都】

〘名〙
西方の。特に、中国で、西周の都鎬京(こうけい)と漢の都長安をいう。
※三体詩素隠抄(1622)三「長安はもとより西都ぢゃほどに」
② 日本で、大宰府(だざいふ)のこと。また、大宰府の置かれた地をいう。
※太平記(14C後)一二「昨為北闕蒙悲士今作西都(せいト)恥尸
③ 都の西部。
※本朝無題詩(1162‐64頃)六・西院亭即事〈藤原敦光〉「西都勝絶一幽庄、地富風流比方

さいと【西都】

宮崎県中部の地名一ツ瀬川中流に沿い、古代には日向国国府国分寺国分尼寺が置かれた。国特別史跡指定の西都原古墳群がある。昭和三三年(一九五八市制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「西都」の解説

さいと【西都】

宮崎県中部の。一ツ瀬川の中流域に位置する。農業が主産業。中心地区のつまは古代文化・行政の中心地であった。西都原さいとばる古墳群がある。人口3.3万(2010)。

せい‐と【西都】

西の都。特に中国で、西周の都鎬京こうけい前漢の都長安をいう。
大宰府だざいふのこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android