コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケン

デジタル大辞泉の解説

けん【建】[漢字項目]

[音]ケン(漢) コン(呉) [訓]たてる たつ
学習漢字]4年
〈ケン〉
建物などをその場所にしっかりと定める。設置する。たてる。「建学建国建設建造建築再建創建封建
作りあげる。成す。「建功・建策
意見をさし出す。「建議建言建白
「建築」の略。「土建
〈コン〉寺などをたてる。「建立(こんりゅう)再建(さいこん)
〈たて〉「建具建物
[名のり]たけ・たけし・たける・たつる・たて

こん【建/献】[漢字項目]

〈建〉⇒けん
〈献〉⇒けん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たつ【建】

暦注の十二直の一。種蒔き・柱立てなどに吉、船乗りなどに凶という日。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【香道具】より

…(1)十種香箱 二重の箱で華麗な蒔絵が多い。上段には惣包(そうづつみ)や打敷(うちしき),源氏香之図や香割道具等,下段には聞香炉,(銀)葉盤(ぎんようばん),重香合(じゆうこうごう),香筯建(きようじたて),香札,札筒,折据(おりすえ),火末入(ひずえいれ),葉入などを納める。縦7寸5分,横6寸4分,高さ6寸7分(1寸は約3cm)。…

※「建」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

建の関連キーワード建勲神社(けんくんじんじゃ)受取勘定建相場支払勘定建相場道助入道親王太祖(高麗)二条河原落書西園寺公宗3階建住宅恵帝(明)建武の新政雑訴決断所為替差損益承仁法親王二階堂是円建武年間記樋口弥三郎三条公定川上梟帥狂言立て中原章賢

建の関連情報