コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堂上 ドウジョウ

デジタル大辞泉の解説

どう‐じょう〔ダウジヤウ〕【堂上】

《古くは「とうしょう」「どうしょう」とも》
建物の床の上。
室町時代以降の公家の家格の一。清涼殿への昇殿を許される家柄。また、公卿になれる家柄。堂上家。⇔地下(じげ)堂下(どうか)
近世、広く朝廷を形づくる人々。公家。堂上方。
清涼殿に昇殿すること。
「内記の持ちたる宣命を取らずして―せられにけり」〈徒然・一〇一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どうじょう【堂上】

〔古くは「とうしょう」「どうしょう」とも〕
昇殿を許された公卿・殿上人の総称。公家。堂上方。 ↔ 地下じげ
の官人を出す家柄の総称。室町以降は摂家・清華・大臣家以外の公家の家格として狭義に用いることがあり、これを特に平堂上と呼ぶ。
堂の上。 「数万の軍旅は-堂下になみ居たれども/平家 6
清涼殿南廂の殿上の間に上ること。昇殿。 「将軍-の後、帯刀の役人は皆中門の外に敷皮を布しいて列居す/太平記 40

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堂上
とうしょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の堂上の言及

【貴族】より

…平安時代も中・末期になると,有位者の増大などによって位階の社会的評価も相対的に低下し,昇殿の制が新しい身分制として重んぜられるようになった。昇殿を許された四位・五位の廷臣は,殿上人とか雲客と呼ばれ,昇殿を許されない地下(じげ)の官人との較差を広げる一方,公卿の見習的な存在となり,近世では公卿も含めて堂上(とうしよう)と呼ばれ,公家貴族の総称となった。第4は皇親貴族の出現である。…

【殿上人】より

…宮中において昇殿を許された四位,五位の者の称。雲の上人(うえびと),雲上人(うんじようびと),雲客(うんかく),堂上(とうしよう)ともいう。殿上は清涼殿の殿上の間をいい,ここには,公卿(くぎよう),殿上人,六位の蔵人(くろうど)が伺候した。…

※「堂上」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

堂上の関連情報