コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弄松閣只丸 ろうしょうかく しがん

1件 の用語解説(弄松閣只丸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弄松閣只丸 ろうしょうかく-しがん

1640-1712 江戸時代前期-中期の俳人。
寛永17年生まれ。京都本誓寺福昌庵の住職,のち大坂欣浄寺にうつる。椎本才麿(しいのもと-さいまろ)にまなび,元禄(げんろく)4年蕉門派俳人の発句集「小松原」を編し,雑俳の点者としても活躍。浄瑠璃(じょうるり)作者としても名があるが,作品は未詳。正徳(しょうとく)2年11月2日死去。73歳。法名は覚印。別号に竺丸,鴨水子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

弄松閣只丸の関連キーワード一条九兵衛大岡孚斎賀古養節勝継古白島村紹億深尾訒亭山名雲巌米倉昌照汶村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone