コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弄松閣只丸 ろうしょうかく しがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弄松閣只丸 ろうしょうかく-しがん

1640-1712 江戸時代前期-中期の俳人。
寛永17年生まれ。京都本誓寺福昌庵の住職,のち大坂欣浄寺にうつる。椎本才麿(しいのもと-さいまろ)にまなび,元禄(げんろく)4年蕉門派俳人の発句集「小松原」を編し,雑俳点者としても活躍。浄瑠璃(じょうるり)作者としても名があるが,作品は未詳正徳(しょうとく)2年11月2日死去。73歳。法名は覚印。別号に竺丸,鴨水子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

弄松閣只丸の関連キーワード只丸

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android