弄松閣只丸(読み)ろうしょうかく しがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弄松閣只丸 ろうしょうかく-しがん

1640-1712 江戸時代前期-中期の俳人。
寛永17年生まれ。京都本誓寺福昌庵の住職,のち大坂欣浄寺にうつる。椎本才麿(しいのもと-さいまろ)にまなび,元禄(げんろく)4年蕉門派俳人の発句集「小松原」を編し,雑俳の点者としても活躍。浄瑠璃(じょうるり)作者としても名があるが,作品は未詳正徳(しょうとく)2年11月2日死去。73歳。法名は覚印。別号に竺丸,鴨水子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android