コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

式年 シキネン

デジタル大辞泉の解説

しき‐ねん【式年】

《定められた年の意》
歴代の天皇・皇后の式年祭を行う年。崩御後、3年・5年・10年・20年・30年・40年・50年・100年、およびそれ以後100年ごとにあたる年。
1年。1年間。また、ある年。
「―の春の頃、軒端の梅に鶯の、来りて鳴く声を聞けば」〈謡・白楽天

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しきねん【式年】

〔「式」はさだめの意〕
式年祭を行う年。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

式年の関連キーワード三重県伊勢市神田久志本町式年遷宮記念神宮美術館京の神祇装束調度品月山貞一(2代)第62回式年遷宮岩国行波の神舞比婆荒神神楽お白石持行事慶光院清順尼一国平均役宮本 包則桜井勝之進仁科神明宮せんぐう館式年遷宮祭隅谷正峯宮入行平宮本包則深見重助角谷一圭

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

式年の関連情報