弓太郎(読み)ユミタロウ

大辞林 第三版の解説

ゆみたろう【弓太郎】

室町時代、弓場始めのとき、射手の頭かしら
賭的かけまとの場などで、弓の支配をする者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆ‐たろう ‥タラウ【弓太郎】

※斎藤親基日記‐文正二年(1467)正月一七日「御弓塲始〈ゆたらふ小笠原刑部大輔〉」

ゆみ‐たろう ‥タラウ【弓太郎】

〘名〙
① 射礼(じゃらい)や射場始めの時に射手の頭(かしら)となった者の称。これに次ぐ者を弓次郎という。
※満済准后日記‐応永二〇年(1413)正月一七日「室町殿御弓始、弓太郎竹田云々」
② 賭的(かけまと)の場などで弓の支配をする者。これを補佐する者を弓次郎という。〔四季草(1778)〕

ゆん‐たろう ‥タラウ【弓太郎】

〘名〙 「ゆみたろう(弓太郎)」の変化した語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android