コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤親基日記 さいとうちかもとにっき

2件 の用語解説(斎藤親基日記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さいとうちかもとにっき【斎藤親基日記】

1465‐67年(寛正6‐応仁1)の斎藤親基の日記。親基は室町幕府奉行人。将軍足利義政伊勢参宮石清水八幡宮放生会などの行事の参加者を詳記。また親基が政所寄人および御前沙汰衆であったため,政所内評定始や洛中地口銭徴収など政所に関する事柄や,一列伺事・伺事番文や殿中意見など御前沙汰に関する記載が多く,当時の幕府機構を知るうえで重要。《群書類従》《続史料大成》所収。【鳥居 和之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斎藤親基日記
さいとうちかもとにっき

室町中期の幕府奉行人(ぶぎょうにん)斎藤親基(生没年不詳)の日記。1465年(寛正6)8月より67年(応仁1)5月までの記事が残っている。親基は基恒(もとつね)(法名玄良(げんりょう)、?―1471)の子息で、初め孫四郎基雅(もとまさ)を名のり、のち親基と改めた。父基恒は幕府の右筆(ゆうひつ)方宿老で政所(まんどころ)執事代・式評定衆(しきひょうじょうしゅう)を勤め、『斎藤基恒日記』(『続々群書類従』『続史料大成』所収)を残している。親基も右筆方として御前沙汰衆(ごぜんさたしゅう)・政所寄人(よりゅうど)を勤めた。そのため日記は奉行人を中心とする人事に詳しく、幕府機構を考察するうえで基礎的史料となっている。ことに各種の行事に参会した人々の氏名が克明に記されており、奉行人の置かれた位置を知ることができる。段銭(たんせん)・洛中地口銭(らくちゅうじぐちせん)の徴収方法、代々御内書(ごないしょ)右筆次第、伊勢(いせ)氏系図、伺事(うかがいごと)番次第、政所内評定着到(ちゃくとう)などがおもな記事である。
 刊本に『群書類従』『新校群書類従』『増補続史料大成』がある。[田中博美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斎藤親基日記の関連キーワード中院通世坊城俊秀斎藤勇寛正覚胤入道親王希雲楚見尭憲斎藤牛之助斎藤総模佐久間熊水

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone