コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引艾 ヒキヨモギ

デジタル大辞泉の解説

ひき‐よもぎ【引×艾】

ゴマノハグサ科の半寄生性一年草草原に生え、高さ30~60センチ。は羽状に裂けていて、対生する。夏から秋、葉の付け根に黄色い唇形の花を開く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひきよもぎ【引艾】

ゴマノハグサ科の半寄生一年草。山地に自生。茎は高さ約50センチメートルで、羽状に深裂したヨモギに似た葉を対生。夏、上方の葉腋ようえきに黄色の唇形花を一個ずつつける。漢名、陰行草。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

引艾 (ヒキヨモギ)

学名:Siphonostegia chinensis
植物。ゴマノハグサ科の一年草,薬用植物

引艾 (ヒキヨモギ)

植物。河原艾の古名

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

引艾の関連キーワード唇形花ヨモギ自生漢名葉腋山地上方

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android