コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弘済 こうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弘済 こうさい

ぐさい

弘済 ぐさい

?-? 百済(くだら)(朝鮮)の僧。
日本霊異記」によると,7世紀後半,百済救援におもむいた備後(びんご)(広島県)三谷郡郡長の先祖とともに渡来,三谷寺を創建した。仏像をつくるため京都で金や赤の顔料などをもとめての帰途,売り物の(かめ)をたすけた。船上で賊におそわれ海に身を投じたとき,その亀にたすけられたという。「本朝高僧伝」では放済。「こうさい」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

弘済の関連キーワードジェネラル・スタッドブックキヨスクの歴史水町 四郎十河 信二糸賀 一雄村上 庸吉堀木 鎌三鉄道弘済会10月7日吉田 顕三交通新聞社細川 風谷参考太平記十河信二足利成氏村上庸吉関東管領永享の乱鎌倉公方キオスク

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弘済の関連情報