(読み)コウ

  • 弘/紅
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

人名用漢字] [音]コウ(漢) グ(呉) [訓]ひろい ひろめる
〈コウ〉
スケール・度量が大きい。「弘毅(こうき)
ひろめる。「弘報
〈グ〉仏法が広く大きい。ひろめる。「弘通(ぐずう)弘誓(ぐぜい)弘法(ぐほう)
[名のり]お・ひろ・ひろし・ひろむ・みつ
[難読]弘徽殿(こきでん)
〈弘〉⇒こう
〈紅〉⇒こう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【志賀島】より

…島は,おもに花コウ岩からなる南北に長い楕円形の山地(最高169m)で,西側緩斜面には畑,水田が開け,対馬海流による温暖な気候を利用してビワやイチゴなどの早期出荷も行う。半農半漁の志賀島,勝馬,弘(ひろ)の3集落がある。倭奴国王印(わのなのこくおういん)(金印)の出土地として有名で,海上守護神で朝鮮鐘(重要文化財)など文化財の多い志賀海(しかうみ)神社,元寇(げんこう)ゆかりの蒙古塚,火焰塚など史跡に富む。…

※「弘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弘の関連情報