コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弛張熱 ちちょうねつremittent fever

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弛張熱
ちちょうねつ
remittent fever

1日の体温動揺が1℃以上を示す熱型。高熱が持続して,動揺が1℃以下の稽留熱 (けいりゅうねつ) と対応する。弛張熱は腎盂腎炎敗血症膠原病などにみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しちょう‐ねつ〔シチヤウ‐〕【×弛張熱】

発熱したとき、1日の体温の高低差が1度以上を示す熱型。敗血症などにみられる。ちちょうねつ。

ちちょう‐ねつ〔チチヤウ‐〕【×弛張熱】

しちょうねつ(弛張熱)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

弛張熱【しちょうねつ】

1日の体温差が1℃以上の上下を繰り返す熱型。敗血症などの化膿性疾患及び重症の熱帯マラリアの際にみられる。1℃以下の場合は稽留(けいりゅう)熱という。
→関連項目鼠径リンパ肉芽腫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しちょうねつ【弛張熱】

一日のうちの体温変動の差が摂氏1度を超えるというパターンを毎日繰り返す熱型。敗血症・腎盂炎などにみられる。

ちちょうねつ【弛張熱】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

弛張熱の関連キーワードホジキン病パターン腎盂炎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android