コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱型 ねつけい fever type

5件 の用語解説(熱型の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱型
ねつけい
fever type

体温曲線によって示される発熱の型。稽留熱,弛張熱,間欠熱に区別される。稽留熱は腸チフスクループ性肺炎流行性脳脊髄膜炎などに認められるもので,高熱が持続し,1日の温度差が1℃以内のものをいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ねっ‐けい【熱型】

病気のときにみられる体温の上がり下がりの型。稽留(けいりゅう)熱・弛張(しちょう)熱・間欠熱などがあり、これによってある程度病気を推定できる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

熱型【ねつがた】

発熱の時間的経過をグラフにした発熱曲線の型。病気の診断に重要。定型的な熱型には稽留(けいりゅう)熱弛張(しちょう)熱のほか,発熱と平熱が周期的にみられる間欠熱(マラリア,回帰熱)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ねつけい【熱型】

体温の上がり下がりの型。マラリアの間欠熱、腸チフスの稽留けいりゆう熱など、病気によって特徴のある型がみられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熱型
ねっけい

体温の変動を時間的経過を追って記録し、得られたグラフのことで、「ねつがた」ともいう。熱すなわち発熱とは、正常の体温以上を意味するが、通常では37℃以上から注意が払われる。熱の有無は、額を触ってその皮膚温によって確かめることもあるが、実際には体温計によって測定される場合が多い。体温は、口内、直腸、腋窩(えきか)で計られるが、日本では腋窩における検温がもっとも広く用いられている。なお、外国では華氏(かし)の温度を用いることが多いので注意を要する。C(摂氏(せっし))とF(華氏)の変換には、F=C×(9/5)+32の式が用いられる。
 毎日の体温と脈拍数、呼吸数をグラフとして記録したものは温度表とよばれ、疾病の経過を知るために、臨床的に常用されている。体温の経過だけのグラフである熱型は、疾病の性質を推察するうえでたいせつである。熱型の基本として次の型が知られている。すなわち、(1)一日中の体温の差が1℃以内のものを稽留(けいりゅう)熱といい、腸チフスの極期などにみられる。(2)体温の差が1℃以上を弛張(しちょう)熱といい、化膿(かのう)性疾患、敗血症などにみられる。(3)高熱と無熱が間欠的に現れる(高熱期と無熱期とが1~2日置きに交代で認められる)ものを間欠熱といい、マラリアなどにみられる。[渡辺 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱型の関連キーワード間欠熱線織面発熱療法悪寒稽留熱震幅トーテンクロイツ屈折計示度流線のドーム《出生,死亡,増殖による人類の変化を通じて示された神の秩序》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熱型の関連情報