コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱型 ねつけいfever type

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱型
ねつけい
fever type

体温曲線によって示される発熱の型。稽留熱弛張熱間欠熱に区別される。稽留熱は腸チフス,クループ性肺炎,流行性脳脊髄膜炎などに認められるもので,高熱が持続し,1日の温度差が1℃以内のものをいう。弛張熱は感染症によくみられるもので,1日の体温の動揺が1℃以上の高熱。間欠熱はマラリアなどにみられるもので,1日のうち発熱と平熱が周期的にみられるものをいう。このほかに結核や慢性炎症,悪性腫瘍,寄生虫症,貧血,月経前などにみられる微熱がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ねっ‐けい【熱型】

病気のときにみられる体温の上がり下がりの型。稽留(けいりゅう)熱・弛張(しちょう)熱・間欠熱などがあり、これによってある程度病気を推定できる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

熱型【ねつがた】

発熱の時間的経過をグラフにした発熱曲線の型。病気の診断に重要。定型的な熱型には稽留(けいりゅう)熱弛張(しちょう)熱のほか,発熱と平熱が周期的にみられる間欠熱(マラリア,回帰熱)などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ねつけい【熱型】

体温の上がり下がりの型。マラリアの間欠熱、腸チフスの稽留けいりゆう熱など、病気によって特徴のある型がみられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熱型
ねっけい

体温の変動を時間的経過を追って記録し、得られたグラフのことで、「ねつがた」ともいう。熱すなわち発熱とは、正常の体温以上を意味するが、通常では37℃以上から注意が払われる。熱の有無は、額を触ってその皮膚温によって確かめることもあるが、実際には体温計によって測定される場合が多い。体温は、口内、直腸、腋窩(えきか)で計られるが、日本では腋窩における検温がもっとも広く用いられている。なお、外国では華氏(かし)の温度を用いることが多いので注意を要する。C(摂氏(せっし))とF(華氏)の変換には、F=C×(9/5)+32の式が用いられる。
 毎日の体温と脈拍数、呼吸数をグラフとして記録したものは温度表とよばれ、疾病の経過を知るために、臨床的に常用されている。体温の経過だけのグラフである熱型は、疾病の性質を推察するうえでたいせつである。熱型の基本として次の型が知られている。すなわち、(1)一日中の体温の差が1℃以内のものを稽留(けいりゅう)熱といい、腸チフスの極期などにみられる。(2)体温の差が1℃以上を弛張(しちょう)熱といい、化膿(かのう)性疾患、敗血症などにみられる。(3)高熱と無熱が間欠的に現れる(高熱期と無熱期とが1~2日置きに交代で認められる)ものを間欠熱といい、マラリアなどにみられる。[渡辺 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

熱型の関連キーワードヴンデルリヒの法則カロリメーター感熱プリンター原子力ロケット電気ブレーキ急性腎盂腎炎ボロメーター熱(体温)ブルセラ症伝染性肝炎サーミスタ直熱型陰極ホジキン病電気計測デング熱ラッサ熱予熱始動接着剤熱陰極熱風炉

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android