コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稽留熱 ケイリュウネツ

4件 の用語解説(稽留熱の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けいりゅう‐ねつ〔ケイリウ‐〕【稽留熱】

1日の体温の高低の差が1度以内の高熱が持続する熱型。日本脳炎・結核性髄膜炎肺炎などでみられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

稽留熱【けいりゅうねつ】

1日の体温差が1℃以内の高熱の続く状態。肺炎,腸チフスワイル病日本脳炎などにみられる。→熱型
→関連項目弛張熱

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

けいりゅうねつ【稽留熱】

一日の体温の変動が一度以内でしかも長期にわたり高熱状態を維持する熱型。腸チフス・ワイル病・髄膜炎・粟粒結核などにみられる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稽留熱
けいりゅうねつ

発熱がある場合には、熱型の観察が臨床上とくに重要であり、体温が持続的に上昇して、毎日の変動が1℃を超えないものを稽留熱、1℃以上を超えて変動し、低いときでも正常体温にまで達していないものを弛張(しちょう)熱、正常体温以下にまで下がるものを間欠(かんけつ)熱、また、不規則な波状的発熱を繰り返す場合を波状熱と表現している。熱性疾患はかなり特有な熱型を示すことが多く、稽留熱の代表的な疾患は腸チフスとされる。[渡辺 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone