コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弟子丸泰仙 でしまる たいせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弟子丸泰仙 でしまる-たいせん

1914-1982 昭和時代後期の僧。
大正3年11月29日生まれ。曹洞(そうとう)宗。ヨーロッパ開教総監。沢木興道のもとで出家。昭和42年フランスにわたり,44年ヨーロッパ禅協会を設立。パリの仏国禅寺をはじめ各地に禅道場をひらいた。昭和57年4月30日死去。67歳。佐賀県出身。横浜専門学校(現神奈川大)卒。俗名は泰雄。号は黙堂。著作に「禅と文明」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

弟子丸泰仙の関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット第一次世界大戦[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門グリフィスペトルチアーニ第1次世界大戦

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android