沢木興道(読み)さわきこうどう

日本大百科全書(ニッポニカ)「沢木興道」の解説

沢木興道
さわきこうどう
(1880―1965)

明治~昭和期の仏者、曹洞(そうとう)宗の僧。号は祖門。三重県津市に生まれる。幼少に両親を失い、一家離散して沢木家の養子となるも、すこぶる悲惨の時を送る。18歳で出家。日露戦争に二度従軍、重傷を受けた。法隆寺佐伯定胤(さえきじょういん)(1867―1952)に唯識(ゆいしき)学を、また笛岡凌雲(ふえおかりょううん)(1845―1923)・丘宗潭(おかそうたん)(1860―1921)らに永平道元(えいへいどうげん)の宗風を学ぶ。娶(めと)らず、住せず、行雲(こううん)流水、無所得の生涯を徹底的に貫き、正しい袈裟(けさ)の普及と只管打坐(しかんたざ)に全生命を燃焼した。人よんで「宿なし興道」といい、その道場を「移動叢林(そうりん)」と称し、純粋高潔な道風は多くの人を徳化した。提唱を筆録したものに『澤木興道全集』などがある。

[鈴木格禪 2017年7月19日]

『『澤木興道全集』18巻・別巻1(1962~1968/2013・オンデマンド版・大法輪閣)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「沢木興道」の解説

沢木興道 さわき-こうどう

1880-1965 明治-昭和時代の僧。
明治13年6月16日生まれ。曹洞(そうとう)。明治30年出家。佐伯定胤(じょういん)らに師事。生涯寺をもたず「宿なし興道」とよばれ,道場を移動叢林と称して各地で参禅を指導した。昭和10年駒沢大教授。昭和40年12月21日死去。85歳。三重県出身。旧姓多田幼名は才吉。道号は祖門。著作に「参学道」「禅に生きる」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android