弥帆/矢帆(読み)ヤホ

デジタル大辞泉の解説

や‐ほ【弥帆/矢帆】

《「や」は重ねる意。本帆に対して重ねてかけるところから》大船のへさきに張る、小さな補助帆。
「帆柱を吹き折られて、―にて馳(は)する舟もあり」〈太平記・二〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やほ【弥帆】

和船の舳へさきの方に張る小さい帆。 或は檣ほばしらを吹折れて、-にて馳る舟もあり/太平記 20

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android