コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張君勱 ちょうくんばい Zhāng Jūn mài

2件 の用語解説(張君勱の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうくんばい【張君勱 Zhāng Jūn mài】

1887‐1969
中国の思想家,政治家。江蘇省宝山県の人。名は嘉森。君勱は字。1906年(光緒32),日本に留学し,早稲田大学政治科に入り,梁啓超の政聞社に参加,立憲君主制を鼓吹した。13年,ドイツに留学し,ベルリン大学政治経済学を学び,15年,袁世凱の帝制運動に反対して帰国。18年,梁啓超らとともにヨーロッパを視察したが,そのままドイツに22年までとどまり,最初イェーナ大学オイケンから哲学を学び,ついでベルグソンを研究し,またドリーシュを中国に招いて新生気論を紹介した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

張君
ちょうくんばい / チャンチュンマイ
(1886―1969)

中国の法律家、思想家。Carson Changの名でも知られる。江蘇(こうそ)省に生まれる。上海(シャンハイ)で中等教育を受けたのち、日本に留学、1909年(明治42)早稲田(わせだ)大学卒業、のちドイツ・イギリスで政治学を学び、またベルクソンを研究した。儒教とドイツ観念論とを結合させようとし、さらに欧米民主主義と中国の国家権力との折衷を試みた。国民党・共産党とは違う第三党派を主張、1941年結成の中国民主同盟の幹部でもあった。戦後はアメリカに滞在した。実弟は浙江(せっこう)財閥巨頭・張公権(1889―1979)である。[加藤祐三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

張君勱の関連キーワード韓非尸子新語慎到申不害鄒衍梁漱溟思想家徳治思想野村浩一

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone