沈黙の春(読み)チンモクノハル

百科事典マイペディアの解説

沈黙の春【ちんもくのはる】

米国の生物学者レーチェル・H.カーソンが1962年に刊行した著作。カーソンは,当時米国の各地で行われていたDDTなど有機塩素系農薬の大量空中散布によって,野鳥や魚介類などが大きな被害を受けるだけでなく,散布された農薬が農作物や魚介類に残留して人体に取り込まれ,人の健康に悪影響を及ぼす危険性があることを,この本で初めて警告した。発売後半年で100万部も読まれ,これをもとに有機塩素系農薬の法的規制に踏み切った国もある。米国でも1964年に連邦議会が殺虫・殺菌・殺鼠剤規制法を改正,1970年以降は化学物質から人間の健康と環境を守るために毒物規制法や水道安全法,農薬規制法の改正法など30もの関連法の制定が続いた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちんもくのはる【沈黙の春 Silent Spring】

農薬による環境汚染を告発した,アメリカの海洋生物学者でエッセイストのレーチェル・カーソンRachel L.Carson(1907‐64)の著書。彼女は殺虫剤,除草剤として大量に散布されてきたDDTなどの有機化合物が,生態系の連鎖のなかで蓄積されて動植物や人間に深刻な毒性をあらわし,微妙な〈自然の均衡〉を破壊していると,多くの実例を紹介しながら警告した。1962年に出版された本書はベストセラーとなり,日本でも64年に紹介された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちんもくのはる【沈黙の春】

アメリカの生物学者カーソンの著作。1962年刊。農薬汚染を警告した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沈黙の春の関連情報