張(り)手(読み)ハリテ

精選版 日本国語大辞典の解説

はり‐て【張手】

〘名〙
① 襖(ふすま)、障子などを張る人。経師屋(きょうじや)
※山槐記‐元暦元年(1184)八月二二日「大嘗会悠紀所、定絵師并雑工事、絵所〈略〉作絵、中原吉久手、豊原永久」
② 物事をはでにする人。物事を張りこんでする人。交際の広い、はでな人。
③ 女性を色恋の相手としてねらっている人。
※雑俳・柳多留‐一一三(1831)「張りての多い稽古所の腰障子」
洗張りや染色の時、布の両端を押えて引き伸ばす道具。蝶番のついた二本の角材の内側に歯のように小さい釘が打ってあり、上下からかみつくようになっている。
相撲の手の一つ。突っ張りの一種で、相手の顔または首の側面を平手で張る法。これで相手が倒れた場合のきまり手は「突き倒し」。また、両手で同時に張る「両張り」は禁手。はり。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android