強行軍(読み)キョウコウグン

  • きょうこうぐん キャウカウグン
  • きょうこうぐん〔キヤウカウグン〕

デジタル大辞泉の解説

通常より行程を多くきびしくした行軍。
時間的にゆとりのない計画で、無理に事を進めること。「二日間の強行軍であちこち回ってきた」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

目的地に早く着くための、きびしい行軍。
時間的に無理な計画で物事を行うこと。 -でやっと開会前日に工事が終わった

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 行軍の一種。できるだけ早く目的地に着くように、無理をして行軍すること。転じて、無理な予定に追われて旅行をすることや、仕事を処理することにいう。
※東京灰燼記(1923)〈大曲駒村〉一二「いっそ明日若い連中を二三人、強行軍を横浜に進めやう、と云ふ事で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

強行軍の関連情報