コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強誘電性液晶 きょうゆうでんせいえきしょうferroelectric liquid crystal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

強誘電性液晶
きょうゆうでんせいえきしょう
ferroelectric liquid crystal

カイラルスメクティックC液晶 (Sc) に代表される自発分極を示すスメクティック液晶材料の一種。棒状の液晶分子がらせん構造状に配列していて対称中心を持たないため自分子に適当な永久双極子が付与されると,発分極が生じ,強誘電性を示す。 R.メイヤーにより理論的に考察され,1974年に初めて合成された。電界を印加しない状態の初期分子配列を制御することにより双安定性 (メモリ効果) を持たせることができ,高速応答性に優れているため,大容量表示素子,光変調器,光シャッタなど幅広い応用が期待されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

強誘電性液晶【きょうゆうでんせいえきしょう】

一般に使われている,分子が糸状に並んだネマティック液晶より応答速度が速く,メモリー性を持つ新しい液晶。多くは,分子が層状に並んだスメクティック液晶で,これはネマティック液晶と異なり,外部から電圧を与えなくても自発的に分極する性質があるために高速応答が可能となり,また外部電圧が0となってもその状態を維持・記憶することができる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

強誘電性液晶の関連キーワード強誘電性液晶ディスプレイ液晶ディスプレー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android