弾帯(読み)ダンタイ

大辞林 第三版の解説

だんたい【弾帯】

弾丸の底部にはめ合わされた銅などの帯。銃腔に刻まれた旋条とかみ合い、弾丸に回転を与える。
銃弾を一列に並べて装着してあるベルト。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だん‐たい【弾帯】

〘名〙
① 弾丸の底部に取りつけられた軟らかい金属製の帯。弾丸に十分な回転を与えるために腔線に食いこむようにするもので、これによって弾丸は前方に安定して飛ぶ。〔現代大辞典(1922)〕
② 腰または肩につける、弾薬を容れるベルト
野火(1951)〈大岡昇平〉二六「米軍の制服と脚絆をつけ、腰に弾帯を巻いて、軽く自働小銃を肩にかけた、勇ましい姿で」
機関銃の銃弾を連結して帯状にしたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android