コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脚絆 きゃはん

5件 の用語解説(脚絆の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脚絆
きゃはん

長時間の歩行,労働,防寒,保護などのためにすねに着ける脚衣。別名脛巾 (はばき) ともいい,脛穿 (はぎはき) の略である。大津脚絆江戸脚絆,筒脚絆などがある。『貞丈雑記』に「大口,ひたたれなど着する時はきゃはんをはくべし,赤ずねの見ゆるに尾籠なる由条々聞書に見えたり,四幅袴の時は,なお以てきゃはんをはく也,ひたたれの時はしゅのきゃはん用ふる由,走衆故実に見えたり」とある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きゃ‐はん【脚×絆/脚半】

旅行・作業などのときに、すねに着けて足ごしらえとした紺木綿などの布。はばき。「手甲(てっこう)―」
巻き脚絆」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

脚絆【きゃはん】

防寒,保護または活動を便利にするためすねにつけるもので,脛巾(はばき)に代わって室町時代からこの語が用いられ,もっぱら布製のものをさすようになった。紺木綿に浅黄裏をつけたものが多く,方形または扇形の布の上下にひもをつけた大津脚絆,すねに合わせて裁ち,上部にひも,背部にこはぜをつけた江戸脚絆,円筒形で上部にひもをつけた筒脚絆などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きゃはん【脚絆】

労働や歩行の際,脛(すね)を保護し,動きやすくするためにつける服装品の一つで,広狭2義ある。古く平安時代には脛につける服装品の総称として〈はばき(脛巾)〉という語が行われていたが,室町時代になると〈きゃはん(脚巾,脚絆,脚半)〉という語があらわれ,江戸時代以降は脚絆が総称として用いられるようになった。脛巾と脚絆の区別は,一般的には,脛巾は稲わら,ガマ,イグサなどでつくられたもの,脚絆は主として布製のものとされるが,現在では地域によっては脛巾と脚絆の両方の語が用いられ,現物も混同しているようである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脚絆
きゃはん

労働、旅、防寒のために脛(けい)部にあてて用いるもの。紺木綿でつくられる。女性が四国巡礼などに出向くおりは、白木綿が用いられる。男性も山岳信仰の場合は清浄を重んじて白である。室町時代の絵巻『慕帰絵詞(ぼきえことば)』のなかで、小者(こもの)が着装している図が古い例であろう。江戸時代には、大津脚絆、江戸脚絆、筒脚絆の3種があった。大津脚絆は脛巾(はばき)のようにつくり、脚絆の上部と下部に絎(く)け紐(ひも)をつけて結ぶ。江戸脚絆は布を脛部に当てて裁断し、留め具は上部を絎け紐、ふくらはぎをこはぜ掛けとしたものである。筒脚絆は、京都のほか修験道(しゅげんどう)、狂言などに用いられ、円筒形に仕立てて、上部、下部を絎け紐としたものである。脚絆は長い旅で、脚が疲れるのを防ぐ意味をもっており、明治以降も旧陸軍では革脚絆がつくられ、学生の間でも通学や修学旅行に用いたところもある。[遠藤 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の脚絆の言及

【脛巾】より

…また《延喜式》では蒲脛巾あるいは脚纏,緋脛巾の類が近衛府の武官に用いられていたようである。室町時代から脚絆(きやはん)の語があらわれ,江戸時代に入ると脛巾と脚絆が併用され,あるときは混同されていたようである。江戸時代の《和漢三才図会》や《嬉遊笑覧》には脛巾の確たる説明がなく,脚絆のみ見られる。…

※「脚絆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

脚絆の関連キーワード労働三法臑・脛歩行器保護林歩数脛当てすね当てセーリンググローブすね打ち

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脚絆の関連情報