本家本元(読み)ほんけほんもと

四字熟語を知る辞典「本家本元」の解説

本家本元

いちばん大もととなる家や人。物事の根元、中心となるところ。

[使用例] 外が騒がしくなってきたのに本家本元のここのうちでは沈黙を深くして、主人がわも染香がわもかえってそれに触れない[幸田文*流れる|1955]

[使用例] 亡国の兆が、この怖るべき麻雀の流行に現れていますよ。しかも、あの遊びを考え出した本家本元が麻雀を禁じている[有吉佐和子*孟姜女考|1969]

[解説] 本来は「本家」も「本元」も家元宗家のこと。同じ意味の語を重ねて強調した表現。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「本家本元」の解説

ほんけ‐ほんもと【本家本元】

〘名〙 いちばんおおもとの家または人。また、「これこそ」というくらいの、一番代表的な人。
※滑稽本・人間万事虚誕計‐後(1833)「コレわからぬの本家本元」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トビウオ

ダツ目トビウオ科の海水魚。別名アキツトビウオ,ホントビ。体長 35cm。体は長く,背面は平たい。側線は腹面近くを走る。鱗は円鱗ではがれやすい。尾鰭の下葉は上葉に比べて大きい。胸鰭は特に長く,よく発達し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android