コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彩む ダム

デジタル大辞泉の解説

だ・む【彩む】

[動マ四]《「たむ」とも》
彩色する。いろどる。
「赤木の柄(つか)の刀に―・みたる扇差し添へ」〈義経記・七〉
金箔や銀箔をはる。
「一つを五匁づつにして上を金銀に―・みて」〈浮・一代男・八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だむ【彩む】

( 動四 )
〔古くは「たむ」と清音か〕
いろどる。彩色する。 「赤木の柄の刀に-・みたる扇差し添へ/義経記 7
金銀の泥でいや箔はくで描く。 「金銀ヲモッテ物ヲ-・ム/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android