コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彩雨 さいう

とっさの日本語便利帳の解説

彩雨

彩られた雨であり、雨に色が着いているわけではない。菜の花やチューリップに注ぐ雨も彩雨といえる。
青梅や空しき籠の雨の糸\夏目漱石
これも彩雨で、青い雨というところ。川合玉堂が描いた「彩雨」という絵があり、筧(かけひ)、水車を配して山村の秋を写したものだが、雑木の巨木が紅葉する中、雨にけぶる風情は彩雨という画題にふさわしい。「彩」を冠したものは他に、彩霞(さいか。五色の霞)など。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

彩雨の関連キーワード摩天楼オペラ川合 玉堂

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android