コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彩雨 さいう

1件 の用語解説(彩雨の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

彩雨

彩られた雨であり、雨に色が着いているわけではない。菜の花チューリップに注ぐ雨も彩雨といえる。
青梅や空しき籠の雨の糸\夏目漱石
これも彩雨で、青い雨というところ川合玉堂が描いた「彩雨」という絵があり、筧(かけひ)、水車を配して山村の秋を写したものだが、雑木の巨木が紅葉する中、雨にけぶる風情は彩雨という画題にふさわしい。「彩」を冠したものは他に、彩霞(さいか。五色の霞)など。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

彩雨の関連キーワード有り様海棠の雨に濡れたる風情色衣戯けし梅雨型根付き魚モンポウ:歌と踊り 第1番/piano solo山本 雅一:スケッチ 第1集/piano solo着き手着きひざ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

彩雨の関連情報