コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川合玉堂 かわい ぎょくどう

デジタル大辞泉の解説

かわい‐ぎょくどう〔かはひギヨクダウ〕【川合玉堂】

[1873~1957]日本画家。愛知の生まれ。本名、芳三郎。別号、偶庵。初め四条派、のち橋本雅邦に師事して狩野派を学び、詩情あふれる穏健な風景画に独自の画風を打ち立てた。文化勲章受章。作「彩雨」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

川合玉堂【かわいぎょくどう】

日本画家。本名芳三郎。愛知県に生まれ,京都で幸野楳嶺四条派を,次いで東京で橋本雅邦狩野派を学ぶ。両派の伝統的画法に基づいて日本の温雅な自然を描き,1940年文化勲章。
→関連項目岐阜県美術館

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川合玉堂 かわい-ぎょくどう

1873-1957 明治-昭和時代の日本画家。
明治6年11月24日生まれ。望月玉泉,幸野楳嶺(こうの-ばいれい),橋本雅邦にまなぶ。明治40年東京府勧業博覧会1等賞の「二日月」で注目をあび,四条派と狩野派を融和させた画境をひらく。文展審査員,東京美術学校(現東京芸大)教授をつとめる。帝国美術院会員。昭和15年文化勲章。昭和32年6月30日死去。83歳。愛知県出身。本名は芳三郎。別号に偶庵。作品はほかに「行く春」「彩雨」「月天心」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かわいぎょくどう【川合玉堂】

1873‐1957(明治6‐昭和32)
日本画家。愛知県木曾川町に生まれる。本名芳三郎。別号偶庵。1887年京都に出て望月玉泉,続いて幸野楳嶺に師事。その後,橋本雅邦の《竜虎図》に感動,96年上京してその門に入る。狩野派を学び,岡倉天心,雅邦を指導者とする日本絵画協会に出品し,しだいに注目される。1907年東京府勧業博覧会出品の《二日月》が好評を博し,第1回文展以降審査員となる。四条派の親しみやすい即物的作風と,狩野派の折り目正しい品格を合わせた画境を開き,第2次大戦前の日本のどこにでも見られる風景と生活を主題とした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かわいぎょくどう【川合玉堂】

1873~1957) 日本画家。愛知県生まれ。本名、芳三郎。京都で四条派を学び、のち上京して橋本雅邦に狩野派を学ぶ。さらに洋風の自然描写を身につけ、総合した独自の画風を完成。代表作「彩雨」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川合玉堂
かわいぎょくどう

[生]1873.11.24. 愛知,外割田
[没]1957.6.30. 東京,青梅
日本画家。本名は芳三郎。 1887年京都へ出て望月玉泉,幸野楳嶺円山四条派を学ぶ。初め玉舟と号し,のち玉堂に改号。 1896年上京して橋本雅邦の門人となり狩野派を習い,1898年雅邦に従って日本美術院の創立に参加。院展や文部省美術展覧会 (文展) に出品し,四条派,狩野派両派を取捨選択して独自の画風を築き,田園生活の穏和な潤いのある風景画を得意とした。文展審査員,東京美術学校教授 (1915~38) ,帝室技芸員,帝国美術院会員,帝国芸術院 (日本芸術院 ) 会員となり,1940年文化勲章を受章,1951年文化功労者。 1944年から移り住んだ東京西多摩の住居は,没後に玉堂美術館となり作品を展示。主要作品『焚火』 (1903,五島美術館) ,『行く春』 (1916,東京国立近代美術館) ,『鵜飼』 (1931,東京芸術大学) ,『峰の夕』 (1935) ,『彩雨』 (1940,永青文庫) ,『屋根草を刈る』 (1954,東京都) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川合玉堂
かわいぎょくどう
(1873―1957)

日本画家。明治6年11月24日愛知県に生まれる。本名芳三郎。1887年(明治20)京都に出て望月玉泉(もちづきぎょくせん)に、ついで90年に幸野楳嶺(こうのばいれい)に師事して四条派を学んだ。この年、第3回内国勧業博覧会に出品して褒状を受け、日本青年絵画協会、日本美術協会などでも受賞した。95年、第4回内国勧業博覧会で橋本雅邦(がほう)の『竜虎図』に感動し、翌年上京してその門に入った。1907年(明治40)の東京勧業博覧会に『二日月』を出品して注目を集め、四条派と狩野(かのう)派を巧みに融和させたその表現は多くの追従者を生んだ。またこの年開設された文展の審査員にあげられ、以後官展で活躍することになり、とくに16年(大正5)の第10回文展に出品した『行く春』は、穏和な筆致で自然のたたずまいを情趣豊かにとらえ、その地歩を不動のものにした。15年から36年(昭和11)まで東京美術学校教授。また長流塾を開いて門下を育てた。17年に帝室技芸員、19年に帝国美術院会員、37年には帝国芸術院会員となり、40年文化勲章を受章した。歌もよくし、歌集『多摩の草屋』がある。昭和32年6月30日没。晩年を過ごした東京青梅(おうめ)市御岳(みたけ)の旧居は、玉堂美術館(1961創設)として公開されている。[原田 実]
『永井信一・難波専太郎解説『現代日本の美術1 下村観山/川合玉堂』(1976・集英社) ▽河北倫明編『現代の水墨画6 川合玉堂・川端龍子』(1983・講談社) ▽佐々木直比古他解説『川合玉堂写生帖 花鳥編・山水編』全2冊(1979・グラフィック社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

川合玉堂の関連キーワード中村蘭台(初代)岐阜公園三重塔上原近代美術館たけはら美術館宇佐美江中足立美術館村雲大樸子児玉 希望大林千萬樹清水比庵平田松堂国井華堂清水三渓池田蕉園森田沙伊昭和時代松岡映丘大倉舜二山内多門礒部草丘

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川合玉堂の関連情報