コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

役場 ヤクバ

デジタル大辞泉の解説

やく‐ば【役場】

町長・村長・地方公務員事務を扱う所。また、その建物。「役場」「村役場
公証人などが事務をとる所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やくば【役場】

(町・村の)地方公務員が事務をとる所。
働き場所。また、晴れの場所。時に、近世、鳶とびの者が火事場をさしていった。 「 -ぢやあ、一番がけに火の中へ飛んで/歌舞伎・夢結蝶鳥追」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

役場の関連キーワードゆがわら戦隊ゆたぽんファイブ大分県豊後大野市緒方町馬場猫の事務所と旧稗貫郡役所島根県鹿足郡津和野町後田岐阜県岐阜市加納本町新潟県佐渡市真野新町三重県津市芸濃町林栃木県栃木市入舟町公証人/公証人役場死亡届け・死亡届茨城県笠間市平町岡山県総社市上林由良(鳥取県)横山 増右衛門復氏(ふくし)永平寺[町]公正証書遺言赤井川(村)美里[町]公証人役場

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

役場の関連情報