役場(読み)やくば

精選版 日本国語大辞典「役場」の解説

やく‐ば【役場】

〘名〙
公務員が一般にその事務を行なう所。また、その建物町村役場公証人役場など。
公証人法(明治四一年)(1908)一八条「公証人司法大臣の指定したる地に其の役場を設くへし」
② 晴れの場所。の重要な場所。特に、江戸時代火事場をさしていう。
※歌舞伎・四天王楓江戸粧(1804)二番目「あいつが一と思ったが、役場(ヤクバ)へ出なんだわえ」
③ 江戸時代の劇場で、狂言内容を監視する役人のために設けた

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android