コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

役場 ヤクバ

デジタル大辞泉の解説

やく‐ば【役場】

町長・村長・地方公務員事務を扱う所。また、その建物。「役場」「村役場
公証人などが事務をとる所。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やくば【役場】

(町・村の)地方公務員が事務をとる所。
働き場所。また、晴れの場所。時に、近世、鳶とびの者が火事場をさしていった。 「 -ぢやあ、一番がけに火の中へ飛んで/歌舞伎・夢結蝶鳥追」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

役場の関連キーワードゆがわら戦隊ゆたぽんファイブ大分県豊後大野市緒方町馬場猫の事務所と旧稗貫郡役所島根県鹿足郡津和野町後田新潟県佐渡市真野新町岐阜県岐阜市加納本町三重県津市芸濃町林栃木県栃木市入舟町公証人/公証人役場出生届け・出生届茨城県笠間市平町岡山県総社市上林死亡届け・死亡届横山 増右衛門復氏(ふくし)由良(鳥取県)公正証書遺言永平寺[町]公証人役場白井 晟一

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

役場の関連情報