役場(読み)ヤクバ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 公務員が一般にその事務を行なう所。また、その建物。町村役場、公証人役場など。
※公証人法(明治四一年)(1908)一八条「公証人は司法大臣の指定したる地に其の役場を設くへし」
② 晴れの場所。公の重要な場所。特に、江戸時代、鳶の者が火事場をさしていう。
※歌舞伎・四天王楓江戸粧(1804)二番目「あいつが一と思ったが、役場(ヤクバ)へ出なんだわえ」
③ 江戸時代の劇場で、狂言内容を監視する役人のために設けた席。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

役場の関連情報