コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

役枝 やくえだ

盆栽用語集の解説

役枝

樹形上の骨格を決める枝。簡単に言うと役割のある枝のこと。狭義では一の枝・二の枝・後ろ枝などを指すが、広義ではいわゆる差し枝や受け枝、利き枝など樹形上主要な枝すべてが含まれる。特に若い木の培養過程でこうした「役枝」を決めると、ひと枝ごとの役割・目的が明らかになり、樹づくりのビジョンが見えやすい。

出典|(株)近代出版盆栽用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

やくえだ【役枝】

生け花で、構成の中心となる枝。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の役枝の言及

【いけばな】より

…享保期(1716‐36)の近衛予楽院(家熙)の《槐記(かいき)》によれば,〈凡そ立花の中興は専好に止まりたり 専好を名人とす〉とあり,また後水尾天皇の立花の会については,〈紫宸殿より庭上南門まで,双方に仮屋を打ちて出家町人にかぎらず,其事に秀たる者は皆立花させて双(なら)べられたり〉とあって,その壮観がしのばれる。立花の初期には構成する役枝(やくえだ)も少なかったが,この時代には七つの役枝が定まり,後の九つの道具による定型化が始められる。 専好の後の門弟たちは,寛永期から元禄期(1688‐1704)にいたる社会経済の発展期のなかで,それぞれ個性ある立花を制作して活躍した。…

※「役枝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

役枝の関連情報