コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

征東将軍 セイトウショウグン

大辞林 第三版の解説

せいとうしょうぐん【征東将軍】

東国鎮定のため臨時に設けられた将軍。940年の藤原忠文に始まり、1335年の足利尊氏が最後の例。征東大使。征東大将軍。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

征東将軍の関連キーワード平安時代(年表)奈良時代(年表)会津壮麻呂大伴弟麻呂井伊谷宮大伴家持道嶋御楯足利尊氏阿弖流為蝦夷

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android