墨俣(読み)すのまた

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

墨俣
すのまた

岐阜県南西部、安八郡(あんぱちぐん)にあった旧町名(墨俣町(ちょう))。現在は大垣(おおがき)市の飛び地で、安八町を挟んで東方に位置する。旧墨俣町は1894年(明治27)町制施行。1897年西橋、下宿(しもじゅく)、二ツ木村と合併。2006年(平成18)大垣市に編入。旧町の中心地区は長良川(ながらがわ)の西岸で、支流の五六(ごろく)川、犀(さい)川などの合流点の南側にある。長良川の東岸では、かつて旧木曽(きそ)川(現境(さかい)川)が合流していたこともあり、一帯は「洲(す)の俣(また)」とよばれた。古くから交通の要衝として源平の合戦、承久(じょうきゅう)の乱、南北朝の内乱など、しばしば戦場となった。江戸時代には美濃路(みのじ)の宿駅でもあった関係で、現在も飲食店の多い商業町である。旧国道21号(県道岐阜垂井(たるい)線)に沿っており、岐阜・大垣中心市街地との交通が便利で、通勤者も多い。旧町域の北東部、長良川沿いに、木下藤吉郎(とうきちろう)(豊臣(とよとみ)秀吉)が井ノ口(岐阜)の稲葉山(いなばやま)城攻略のために築いた一夜(いちや)城(墨俣城)跡がある。

[上島正徳]

『『墨俣町史』(1956・墨俣町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

すのまた【墨俣】

岐阜県南西部の地名。長良川の河港として発達し、江戸時代は美濃路の宿駅が置かれた交通、戦略上の要地。豊臣秀吉築城の一夜城(墨俣城)跡がある。木曾川・長良川・揖斐(いび)川などの合流点につくられた州にあるために呼ばれたもので、洲俣、墨股などとも書かれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

墨俣
すのまた

岐阜県南西部,大垣市東部の飛び地で旧町域。 1894年町制施行。 1974年穂積町の一部を編入。 2006年大垣市に編入。中心集落は揖斐川長良川に囲まれた輪中集落で,美濃路宿場町として発展戦国時代には戦略上の要地にあたり,豊臣秀吉一夜城 (墨俣城 ) もここに築かれた。城跡サクラ名所として知られる。商工業が中心で,岐阜市などへの通勤者が増加し,住宅地化が著しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android