コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨俣 すのまた

2件 の用語解説(墨俣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

墨俣
すのまた

岐阜県南西部,大垣市東部の飛び地で旧町域。 1894年町制施行。 1974年穂積町の一部を編入。 2006年大垣市に編入。中心集落は揖斐川長良川に囲まれた輪中集落で,美濃路の宿場町として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

墨俣
すのまた

岐阜県南西部、安八(あんぱち)郡にあった旧町名(墨俣町(ちょう))。現在は大垣(おおがき)市の飛び地で、安八町を挟んで東方に位置する。旧墨俣町は1894年(明治27)町制施行。1897年西橋、下宿(しもじゅく)、二ツ木村と合併。2006年(平成18)大垣市に編入。旧町の中心地区は長良(ながら)川の西岸で、支流の五六(ごろく)川、犀(さい)川などの合流点の南側にある。長良川の東岸では、かつて旧木曽(きそ)川(現境(さかい)川)が合流していたこともあり、一帯は「洲(す)の俣(また)」とよばれた。古くから交通の要衝として源平の合戦、承久(じょうきゅう)の乱、南北朝の内乱など、しばしば戦場となった。江戸時代には美濃路(みのじ)の宿駅でもあった関係で、現在も飲食店の多い商業町である。旧国道21号(県道岐阜垂井(たるい)線)に沿っており、岐阜・大垣中心市街地との交通が便利で、通勤者も多い。旧町域の北東部、長良川沿いに、木下藤吉郎(とうきちろう)(豊臣(とよとみ)秀吉)が井ノ口(岐阜)の稲葉山(いなばやま)城攻略のために築いた一夜(いちや)城(墨俣城)跡がある。[上島正徳]
『『墨俣町史』(1956・墨俣町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

墨俣の関連キーワード大垣西濃岐阜県大垣市東町岐阜県大垣市綾野岐阜県大垣市入方岐阜県大垣市東外側町岐阜県大垣市東長町岐阜県大垣市東前岐阜県大垣市東前町岐阜県大垣市室本町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

墨俣の関連情報