コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原忠文 ふじわらのただふみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原忠文
ふじわらのただふみ

[生]貞観15(873)
[没]天暦1(947).6.26.
平安時代の廷臣。参議,正四位下。没後に正三位が贈られ,宇治民部卿と称された。天慶3 (940) 年征東大将軍として平将門の乱平定に下向したが,途中将門の誅されたのを聞き京に帰った。次いで翌年征西将軍に任じられ,藤原純友討伐に従っている。 (→承平・天慶の乱 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふじわら‐の‐ただふみ〔ふぢはら‐〕【藤原忠文】

[873~947]平安中期の公卿。民部卿。平将門では征東大将軍藤原純友の乱では征西大将軍に任ぜられたが、その功に恩賞が与えられなかったのは藤原実頼の反対のためと恨み、死後も実頼の子女に祟(たた)ったといわれ、悪霊民部卿の異名がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原忠文 ふじわらの-ただふみ

873-947 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
貞観(じょうがん)15年生まれ。藤原枝良の3男。母は息長(おきなが)氏。天慶(てんぎょう)2年(939)参議。平将門(まさかど)の乱で征東大将軍,藤原純友(すみとも)の乱で征西大将軍となるが,いずれも活躍の場はなかった。民部卿をかね,宇治民部卿と称される。正四位下。天暦(てんりゃく)元年6月26日死去。75歳。贈正三位中納言。恩賞に反対した藤原実頼をうらみ,その子女にたたったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原忠文

没年:天暦1.6.26(947.7.16)
生年:貞観15(873)
平安中期の公卿。宇治に所領があり,宇治民部卿と称す。参議枝良の3男。母は息長氏の娘。摂津,丹波守などの地方官を歴任し,天慶2(939)年67歳で参議。翌年,平将門追討のため征東大将軍に任じられ東国へ下向したが,到着以前に将門は鎮圧され空しく帰京。そのため恩賞にあずからず,恩賞にかかわった藤原実頼を怨み,死後悪霊となってその子女に祟ったと伝える。藤原純友の乱では征西大将軍となって西下し,この鎮定には成功した。宇治の富家殿で鷹を飼養し,宇治川で洗髪するなどの逸話が『江談抄』ほかにみえる。末多武利神社(宇治市)に祭られている。

(朧谷寿)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふじわらのただぶみ【藤原忠文】

873~947) 平安中期の廷臣。平将門の乱に征東大将軍、藤原純友の乱に征西大将軍となった。出兵の恩賞を藤原実頼に阻止されたとして、これを深く恨む。忠文の死後、実頼家に不幸が続いたため、その祟りがうわさされ、悪霊民部卿と恐れられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

藤原忠文の関連キーワード日高川入相花王金幣猿島郡金幣猿嶋郡征東将軍平貞盛遠藤氏渡辺党廷臣鷹狩承平祟り出兵