待合室(読み)マチアイシツ

デジタル大辞泉 「待合室」の意味・読み・例文・類語

まちあい‐しつ〔まちあひ‐〕【待合室】

駅や病院などで、時間順番がくるのを待つ部屋
[類語]ロビー広間控え室休憩室・談話室・ホールラウンジサロン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「待合室」の意味・読み・例文・類語

まちあい‐しつまちあひ‥【待合室】

  1. 〘 名詞 〙 駅や病院などで、時間や順番が来るのを待つための部屋。待合部屋。待合。
    1. [初出の実例]「煖炉(ストーブ)の焚いてある待合室の腰掛に」(出典:夢の女(1903)〈永井荷風〉二)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android