コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

律義・律儀 りちぎ

大辞林 第三版の解説

りちぎ【律義・律儀】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
ひどく義理がたいこと。実直なこと。また、そのさま。りつぎ。 「 -な人」 「 -にあいさつをして回る」
健康な・こと(さま)。 「お-で重畳ちようじよう〱/浄瑠璃・寿の門松」 → りつぎ(律義)
[句項目]

りつぎ【律義・律儀】

( 名 ) 〔 samvara〕
〘仏〙 悪を防ぎ、善に導く正しい行い。また、そういう行いを定めた戒律。禁戒。 「故笠置の解脱上人如法の-興隆志深くして/沙石 3
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
りちぎ(律義) 」に同じ。 「風俗-に/浮世草子・永代蔵 1」 「 -千万せんばんノ人ナリ/日葡」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android