後入り(読み)ゴイリ

大辞林 第三版の解説

ごいり【後入り】

茶事で初入りのあと、いったん露地の腰掛けに出た客が、亭主の打つ銅鑼どらの合図または迎えで、濃茶の飾り付けのされた席中に再び入ること。あといり。のちいり。 ⇔ 初入り

のちいり【後入り】

ごいり(後入)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後入りの関連情報