後向(読み)うしろむき

精選版 日本国語大辞典「後向」の解説

うしろ‐むき【後向】

〘名〙
向こうを向いてこちらに背中を見せている状態。
※出観集(1170‐75頃)「片思 人しれず磯間に波はよせくれどうしろむきなる岩根松かな」
② 相手にしないこと。そっぽを向いていること。
※うもれ木(1892)〈樋口一葉〉三「入れられぬ世と彌々(いよいよ)うしろ向きに成る心」
③ 発展、進歩などに逆行する消極的、反動的なこと。また、その態度。⇔前向き
※故郷忘じがたく(1968)〈司馬遼太郎〉「そのときの心情はすでに後ろむきである」

うしろ‐む・く【後向】

〘自カ五(四)〙
後方に向く。こちらに背中を向ける。そむく。うしろす。
源氏(1001‐14頃)玉鬘「はづかしうおぼいてうしろむき給へり」
② そっぽを向く。反発する。
※土井本周易抄(1477)四「同宿一人もってうしろむく様ではなにがよからうぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android