後岡遺跡(読み)こうこういせき(英語表記)Hoù gāng yí zhǐ

世界大百科事典 第2版の解説

こうこういせき【後岡遺跡 Hoù gāng yí zhǐ】

中国,河南省安陽市北西にある仰韶文化竜山文化代の遺跡。1931年春秋2回梁思永らの調査で3文化の層序が発見され中国先史時代の編年の基礎となった。以後,33年の調査で殷の大墓,また59年には仰韶文化の住居址,竜山文化の白灰面と称する漆喰塗の住居址と窯址,多数の人間を殉葬した殷代の円形土壙墓が発見された。仰韶文化の様相は,いくつかの点で半坡類型に類似するが,簡単な直線文の彩陶など独自のものがあり,地域差を示すものと理解され,河南北部から河北にかけて分布する仰韶文化の一標式となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android