コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後岡遺跡 こうこういせき Hoù gāng yí zhǐ

1件 の用語解説(後岡遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうこういせき【後岡遺跡 Hoù gāng yí zhǐ】

中国,河南省安陽市北西にある仰韶文化竜山文化代の遺跡。1931年春秋2回梁思永らの調査で3文化の層序が発見され中国先史時代の編年の基礎となった。以後,33年の調査で殷の大墓,また59年には仰韶文化の住居址,竜山文化の白灰面と称する漆喰塗の住居址と窯址,多数の人間を殉葬した殷代の円形土壙墓が発見された。仰韶文化の様相は,いくつかの点で半坡類型に類似するが,簡単な直線文の彩陶など独自のものがあり,地域差を示すものと理解され,河南北部から河北にかけて分布する仰韶文化の一標式となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

後岡遺跡の関連キーワード河南省韓琦函谷関仰韶文化嵩山半坡遺跡安陽磁山文化

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone