コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後薬 アトグスリ

デジタル大辞泉の解説

あと‐ぐすり【後薬】

病人が死んだあとのの意から》物事がすんでから処置しても意味のないことのたとえ

のち‐ぐすり【後薬】

将来に薬となること。あとで身のためになること。また、そのようなもの。
「女郎の―とて折ふしの送り小袖」〈浮・敗毒散・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のちぐすり【後薬】

のちのち役に立つ薬となること。また、そのもの。 「女郎の-とて折ふしの送り小袖/浮世草子・好色敗毒散」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

後薬の関連キーワードウイリアム・A. ティルデン岡田 正弘高田好胤ヘキスト安芸守定酒井隆吉浮世草子薬師恵日西大寺活性炭法成寺金創医将来

後薬の関連情報