後薬(読み)アトグスリ

デジタル大辞泉の解説

あと‐ぐすり【後薬】

病人が死んだあとのの意から》物事がすんでから処置しても意味のないことのたとえ

のち‐ぐすり【後薬】

将来に薬となること。あとで身のためになること。また、そのようなもの。
「女郎の―とて折ふしの送り小袖」〈浮・敗毒散・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のちぐすり【後薬】

のちのち役に立つ薬となること。また、そのもの。 「女郎の-とて折ふしの送り小袖/浮世草子・好色敗毒散」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐ぐすり【後薬】

〘名〙 病人が死んだ後の薬。物事が済んでから処置しても効果のないことのたとえ。のちぐすり。

のち‐ぐすり【後薬】

〘名〙
① あとあとのために薬となること。あとで身のためになること。また、そのもの。
俳諧・新続犬筑波集(1660)一〇「鉄炮もやめん後世こそのちくすり 身もかりびとのいかに殺生〈可申〉」
② 死んだあとの薬。物事の済んだ後から処置しても効果のないことのたとえ。あとぐすり。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

後薬の関連情報